夕食会

10月の夕食会は少し秋のエッセンスを入れたメニューを目指し、今回(10月14日)は、キノコやさつま芋を使ったものにしました。献立は以下です。


①さつま汁(さつま芋、ごぼう、にんじん、大根、長ネギ、豚肉)

②枝豆と塩昆布の混ぜご飯

③ニラたっぷり玉子焼き

④エリンギのバター醤油ホイル焼き

⑤果物(りんご、柿)


入居者さんに「夕食のメインは何ですか?」と尋ねられ「さつま汁」と答えた新人世話人。さつま汁は具材が多く次回の夕食会まで具材を保存しておけず購入した材料すべてを刻んで鍋に入れるので、味噌汁なのにメインのようなボリュームになってしまいました。今回の枝豆と塩昆布の混ぜご飯は前回の鶏もも、生姜、舞茸の混ぜご飯より評価が今ひとつだったので次に混ぜご飯を作る時は、前回好評だった鶏肉を使ったものにしようかと思っています。


コロナ前は週に5日あった夕食会。新人世話人は月に2~3回の夕食会の献立も悩むのに月に20回の夕食会メニューを考えて作っていた先輩世話人は凄い。しかもホームのOBも参加して14~15人ほどの人数になることもあったそうです。本当に先輩方は凄い、凄すぎると思う新人でした。




カテゴリー
アーカイブ