コロナ対応夕食会について

先々月にお知らせしましたが、ホームでは緊急事態宣言が出てから、交流室での夕食会は中止とし、各自の居室で夕食を摂っていただいていたます。メニューはセブンイレブンの日替わりおかずセットとサラダとお味噌汁です。ご飯はまとめてお米をお渡しし、各自が炊飯器で炊いてもらいます。毎日1合ずつ炊く人もいればまとめて何合かを炊いて保存している人もいます。夕食を配膳する時に検温と体調の聞き取りを行い、一日の様子を聞かせてもらってます。今のところはまだお弁当に飽きてないと言ってますが、「やっぱり手作りのほうがいいですね」という言葉が漏れます。

日中活動先に通所できている人もいれば、通所ができなくなっている人もいて、そういう場合はステイホームなので、日中ホームで過ごしています。何にもすることがないと生活バランスが崩れがちになるので、お天気良ければ布団を干し、部屋の掃除をし、お昼ごはんを作って食べたりと、工夫しています。創作料理が得意の入居者さんは、毎日違うメニューを作り工夫していました。早く夕食会ができる日常が戻ることを祈りつつ、できる限りの工夫と努力をして、感染防止拡大に努めていきたいと思います。

カテゴリー
アーカイブ
タグ
記事一覧