top of page

安全衛生グループ活動紹介【防災訓練】

安全衛生グループの活動は、各施設利用者や職員の「安全と健康を守る」ことです。


活動内容で代表的なものは、

①健康診断(結果により医療機関受診や生活の見直しを案内)

②感染症予防と対策

③防災訓練

④施設の防犯

⑤予防接種案内

他にもまだまだあります。


そのなかで今回は上半期に行った防災訓練について、ご紹介します。尾久警察署の方にひまわり第2に来所いただき荒川区の防災についてお話ししていただきました。


・尾久地区は地震にも水害にも弱い〈木密地域〉→木造住宅密集地域である

・火事が起きやすい〈耐震ブレーカーをつけると良い〉

(助成金10,000円、安いものは3,000円台より)

・非常持ち出し袋は玄関に置く

・防災マグボトルを持ち歩く

(100 均で販売している透明なマグボトルなどの中に①バンドエイド②薬 ③キャラメル ④ブラックサンダーなどを入れておく)

・ガスの火を止めに行かない(自然に止まる仕様が多い){災害の新常識}

・トイレの水を流さない(マンションなど階下に漏れる)

・骨折や捻挫をした場合、家庭で使うラップ(サランラップなど)で巻いて固定するとよい等


重要で大切なお話をしていただき、メンバーさんからも多くの質問がでました。とてもためになり、盛り上がる防災訓練になりました。下半期も尾久警察の方に来所いただく予定なので、またメンバーさんと一緒に学びたいと思います。



カテゴリー
アーカイブ
bottom of page